Linux Tips

LILOにパスワードを設定するには

北浦訓行
2001/3/8

 rootのパスワードを忘れたときはで説明したとおり、Linuxではシングルユーザーモードで起動すれば、パスワードなしにrootでログインできてしまう。これは非常に危険だ。しかし、LILOにパスワードを設定すれば、無条件でrootになれるという危険性を回避することができる。

 LILOにパスワードを設定するには、/etc/lilo.confの「label=linux」と書かれている行の下に、「restricted」と「password=LILOのパスワード」という2行を追加する。

image=/boot/vmlinuz-2.2.17-0vl10
        label=linux
        restricted
        password=LILOのパスワード
        read-only
        root=/dev/hda1

 「restricted」を指定すると、「LILO boot: linux 1」のように、パラメータを指定したときのみ、パスワードの入力を求める。「restricted」がなければ、LILOでのパスワード入力が必須になる。

 /etc/lilo.confの編集が終わったら、以下のコマンドを入力して、root以外のユーザーがパスワードを見られないようにする。

# chmod 600 /etc/lilo.conf

 このコマンドを実行すると、root以外のユーザーはLILOのパスワードを変更できなくなってしまう。rootのパスワードとLILOのパスワードは、絶対忘れないようにしなければならない。最後に、/etc/lilo.confの内容をLILOに反映させる。

# /sbin/lilo

 なお、LILOにパスワードを設定する方法では、起動ディスクによるブートを防ぐことはできない。FDからLinuxを起動できると、HDDをマウントして設定を変更したり、LILOを書き換えたりといったことが可能になる。万全を期すなら、FDやCD-ROMドライブからの起動ができないようにBIOSの設定を変更し、BIOSにもパスワードを設定しなければならない(ここまですると、PC本体やHDDの盗難にも対処しなければならなくなるが)。

 なお、LILOにパスワードを設定すると、人がPCの側にいないとシステムが起動しなくなってしまう。遠隔地から再起動する可能性のあるサーバの場合、「restricted」の指定は必須だ。

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH