Linux Tips

キーのリピート速度と遅延時間を設定するには

北浦訓行
2001/3/29

 同じキーを押し続けると、そのキーが連続で入力できる。連続で入力される速度を「リピート速度」、キーを押してからリピートを開始するまでの時間を「遅延時間」と呼ぶ。

 キーのリピート速度と遅延時間は、kbdrateコマンドで変更できる。オプションを何も指定しないでkbdrateコマンドを実行すると、リピート速度が10.9cps(1秒当たり10.9文字)に、遅延時間が250ミリ秒(ms)に設定される。これが、Linuxのデフォルトの数値だ。

 使用可能なオプションは、-s-r-dだ。

 -sを指定すると、メッセージが表示されなくなる。

 -rでは、リピート速度を指定する。IntelベースのLinuxでは、2.0、2.1、2.3、2.5、2.7、3.0、3.3、3.7、4.0、4.3、4.6、5.0、5.5、6.0、6.7、7.5、8.0、8.6、9.2、10.0、10.9、12.0、13.3、15.0、16.0、17.1、18.5、20.0、21.8、24.0、26.7、30.0から選択できる。-r 15のように設定する。

 -dでは、遅延時間を設定する。単位はms。IntelベースのLinuxでは、250ms刻みで150msから1000msの間だ。

 例えば、リピート速度を15cpsに、遅延時間を250msに設定するには、以下のように行う。

$ kbdrate -r 15 -d 250

 Linux起動時のデフォルト値を変更するには、上記のコマンドを/etc/rc.d/rc.sysinitに追加する。そして、以下のコマンドを実行してその設定を有効にする。

# /etc/rc.d/init.d/keytable start

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH