Linux Tips

ログイン前にメッセージを表示するには

北浦訓行
2001/5/17

 多くのディストリビューションでは、ログインプロンプトの前にディストリビューション名やバージョン、カーネルのバージョンなどを表示する。ここに、独自のメッセージを表示させることもできる。そのためには、/etc/issueというファイルを変更する。

 例えば、「Welcome!」と表示する場合は、/etc/issueにそれを追加すればいい。

 Vine Linuxの場合、以下のようになる。

Vine Linux 2.1.5 (Calon-Segur)
Kernel 2.2.18-0vl4.2 on an i586

Welcome!
/etc/issueの内容

 /etc/issueは、PCのコンソールからログインする場合に表示されるメッセージを記述するファイルだ。telnetでログインする場合は、/etc/issue.netというファイルになる。/etc/issue.netも同様に変更すると、telnetで接続した際に、

Vine Linux 2.1.5 (Calon-Segur)
Kernel 2.2.18-0vl4.2 on an i586

Welcome!

login:

のように表示される。

 Turbolinuxの場合、telnet接続時にはこれらの情報が表示されない設定になっている。これを表示する方法については、telnet接続でディストリビューション名を非表示にするにはを参照のこと。

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH