Linux Tips

telnet接続でディストリビューション名を非表示にするには

北浦訓行
2001/5/17

 Turbolinuxでは、telnet接続時に、

login:

と、loginプロンプトが表示されるだけだ。これは、ディストリビューション名やそのバージョン番号、カーネルのバージョンを隠すことによって、外部から接続してきた侵入者などに余計な情報を与えないことを目的としている。通常はこれで何の不便もないし、セキュリティのためにはこの設定の方がいいのだが、趣味のユーザーの場合、ディストリビューション名などを表示した方が、何かと便利なことも多い。

 telnet接続時にディストリビューション名などを表示するか非表示にするかは、telnetのサーバ(telnetd)で設定できる。telnetdは、/etc/inetd.confに起動の設定がある。telnetdに-hオプションを付けると、これらの情報が表示されなくなる。逆に、表示する場合は、-hオプションを削除すればいい。

/etc/inetd.conf
省略
telnet  stream  tcp     nowait  root    /usr/sbin/tcpd  in.telnetd -h
省略

 /etc/inetd.confの編集が終了したら、inetdを再起動する。再起動の方法は、

# killall -HUP inetd

もしくは、

# /etc/rc.d/init.d/inet restart

が簡単だ。

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る
- PR -

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

第1回 「マス」と「デジタル」は横断して分析できる!
マスの効果は測り難いと言われる一方、マーケティング潮流はオムニチャネルが叫ばれるよ...

第1回 導入してみて分かったCCCMの特徴とポイント
昨今、クロスチャネル・キャンペーンマネジメント(CCCM)の記事が目立つようになりまし...

(後編)ビックカメラ流「想いチャネル」戦略
ネット時代の現在、「店舗がネットに代替されてしまう」という議論は少なくない。しかし...