Linux Tips

suコマンドを実行可能なユーザーを限定するには

北浦訓行
2001/5/24

 一般的なLinuxディストリビューションでは、rootのパスワードさえ知っていれば、どんなユーザーでもsuコマンドでroot権限を取得することができ、セキュリティ上好ましくない。

 最近のディストリビューションではPAMが利用されているので、suコマンドを実行することができるユーザーを限定するには、wheelというグループに属するユーザーだけがsuコマンドでスーパーユーザーになれるように設定する。

 まず、rootでログインして、/etc/login.defsに以下の行を追加する。

SU_WHEEL_ONLY   yes

 次に、/etc/pam.d/suの先頭に以下の行を追加する。

auth       required     /lib/security/pam_wheel.so group=wheel

 続いて、/etc/groupのwheelグループにroot権限を取得できるユーザーIDを追加する。具体的には以下のとおりだ。

wheel:x:10:root,ユーザーID

 以上で設定は終了だ。

# shutdown -r now

 このコマンドでシステムを再起動すれば、上記の設定を行ったユーザーだけがsuコマンドでスーパーユーザーになれる。設定されていないユーザーがsuコマンドを実行して正しいパスワードを入力しても、パスワードが違うという旨のメッセージが表示される。

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る
- PR -

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

第5回 “事実の見える化”から“行動の測る化”へ
最終回となる今回は、営業活動における目標と実績のバラツキを抑えるために「マネジメン...

第2回 価値の連続性に責任を持つCCO
CRM成功の鍵となるCCO(Chief Customer Officer)。明確な答え、正解がないCRMにおいて何...

第3回 BtoBにおけるマーケティング活動の設計は「誰に」「何を」「どのように」で考える
BtoBマーケティング成功の鍵は、1)ターゲット企業における購買関与部門の責任者とどのよ...