Linux Tips

ktermでスクロールするには

北浦訓行
2001/7/5

 ktermでスクロールする(新しい行が表示されたことによって、ウィンドウから消えてしまった文字を表示すること)には、[Shift]+[PageUp]キーおよび[Shift]+[PageDown]キーを使用する。[Shift]+[PageUp]キーを押すと画面が上方にスクロールし、[Shift]+[PageDown]キーを押すと画面が下方にスクロールする。

 ディストリビューションによっては、ktermの実行時にスクロールバーが表示されないことがある。スクロールバーが表示されないと、どこまで画面をさかのぼっているかが分からないので何かと不便だ。

 ktermでスクロールバーを表示するには、-sbオプションを付けてktermコマンドを実行すればいい。また、-slオプションでスクロール行数を指定することもできる。具体的には、「-sl 200」とすると200行スクロールできるようになる。

 起動時にスクロールバーが表示されるようにするには、~/.Xdefaultsファイルに以下の行を追加する。Turbolinux 6.0 Workstationの場合は、最下行にkterm関連の記述があるので、そこに追加すればいいだろう。

KTerm*scrollBar: true

 起動されているktermでスクロールバーを表示するときは、[Ctrl]キーを押しながらマウスの中ボタンをクリック(マイクロソフトのIntelliMouseを使用しているときは、[Ctrl]キーを押しながらホイールをクリック)して、表示されるメニューから[スクロールバーの表示]を選択する。

[Ctrl]キーを押しながらマウスの中ボタンをクリックすると表示されるVTオプションメニュー

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH