Linux Tips

文字列を検索するには

北浦訓行
2001/8/2

 ファイル内の文字列を検索して該当する行を表示したり、標準出力の結果を検索するにはgrepコマンドを使用する。

 例えば、カレントディレクトリの拡張子が.txtのファイルにある「diff」という文字列を検索する場合は以下のように行う。

$ grep diff *.txt
a.txt:diffコマンドを
c.txt:diffコマンドを

 また、標準出力の結果を検索するには、標準出力をパイプ「|」でgrepコマンドに渡す。例えば、「ps aux」というコマンドを実行し、その結果から「telnet」という文字列を含む行を表示するには以下のように行う。

$ ps aux | grep telnet
root 1386 0.0 1.2 1428 752 ? S 16:23 0:00 in.telnetd: 19

 grepコマンドには非常に多くのオプションがある。主なものは以下のとおりだ。

  オプション
機能
  -c 該当行は表示せずに、該当した数を表示する
  -h 複数ファイルを検索対象としたときに、結果でファイル名を表示しない
  -i 大文字と小文字の区別をしない(Linuxもlinuxも同じになる)
  -l 該当ファイル名だけを表示する
  -L 該当しなかったファイル名だけを表示する(-lvと同じ結果になる)
  -n 該当行の行番号を表示する
  -v 該当しない行を表示する

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH