Linux Tips

特定ユーザーにSambaの共有ディレクトリへのアクセス権を与えるには

北浦訓行
2001/10/18

 Sambaの共有ディレクトリに書き込むユーザー名を統一するにはでは、ある特定の共有ディレクトリに対して読み書きを行う際は、全員が特定のユーザー名になるという設定方法を紹介した。

 この方法では、LinuxのユーザーIDを持つすべてのユーザーが共有ディレクトリにアクセスできてしまうが、アクセス可能なユーザーを限定することもできる。例えば、部内のあるプロジェクト担当者だけがアクセス可能な共有ディレクトリを作成できる。

 /etc/smb.conf(Red Hat Linux 7.1の場合は/etc/samba/smb.conf)に以下の設定を行えば、/home/project-tmpにアクセスできるのはLinuxのユーザー名がtanaka、suzuki、takahashiの3名だけになる。また、この場合も「force user = foo」が設定されているので、tanaka、suzuki、takahashiのいずれがアクセスしても、fooというユーザーでアクセスしたことになる。

[project-tmp] 
   comment = Project Temporary file space 
   path = /home/project-tmp 
   read only = no 
   valid users = tanaka, suzuki, takahashi ←アクセス可能なユーザーIDを記述 
   force user = foo ←アクセスするときは全員fooとなる

 /etc/smb.confの編集が終わったら、以下のコマンドを実行してSambaを再起動する。

# /etc/rc.d/init.d/smb restart 
Shutting down SMB services:                                [  OK  ] 
Shutting down NMB services:                                [  OK  ] 
Starting SMB services:                                     [  OK  ] 
Starting NMB services:                                     [  OK  ]

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る
- PR -

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「プログラマティック」とは何なのか――日本と米国の論点の違い
プログラマティックの分野で欧米と比べて出遅れている日本。なぜ日本ではなかなか進まな...

第2回 データドリブンマーケティングの視点から見たマーケティングリサーチ
今回はマーケティングリサーチの役割と商品開発段階におけるアプローチ方法からデータド...

第1回 CRMプロジェクトからの学びとCCO(Chief Customer Officer)の登場
CRMが日本に登場して約20年、企業は常に“成功事例”を模索しています。本連載では企業の...