Linux Tips

ブートマネージャでOSを切り替える場合のインストール時の注意

北浦訓行
2001/11/8

 System Commander(プロトン:http://www.proton.co.jp/)やBootMagic(PartitionMagicに同梱。ネットジャパン:http://www.netjapan.co.jp/)などのブートマネージャを使用する場合、LILOのインストール先には注意が必要だ。

 Linuxのインストール時には、LILOのインストール先を指定しなければならない。インストール先として表示されるのは、「マスターブートレコード(MBR)」と「ブートパーティションの最初のセクタ」だ。

 前述のブートマネージャを使用しないときは、「マスターブートレコード(MBR)」を選択する。その場合は、PCの電源を投入するとLILOが起動する。

 ブートマネージャを使用するときは、「ブートパーティションの最初のセクタ」を選択する。また、Windows NT/2000/XPなどのOS Loaderを使用する場合もこちらを選択する。

 ブートマネージャを使っているにもかかわらず「マスターブートレコード(MBR)」を選択すると、ブートマネージャの起動プログラムが上書きされて使用できなくなってしまう。上書きしてしまった場合は、ブートマネージャのインストール時に作成した緊急用ディスクでブートマネージャを復活する。その場合は、逆にLILOが消えてしまうので後々面倒になる。LILOのインストール先を間違えないようにするのが一番だ。

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH