Linux Tips

LILOをインストールする際にエラーが発生する

北浦訓行
2001/11/15

 LILOのインストール時にエラーが発生する原因はいくつかある。主な原因と対応は以下のとおりだ。

  • BIOSのアンチウイルス機能が有効になっている
     BIOSの設定でアンチウイルス機能が有効になっていると、MBR(マスターブートレコード)への書き込みができないのでエラーになる。BIOSの設定画面を起動して、アンチウイルス機能をオフにして、LILOを再インストールする。

  • LILOのバージョンが古く、またLBAが無効化されている
     LILO 21.3よりも以前のバージョンを使用していて、IDEのHDDでBIOSのLBAモードが無効に設定されているとエラーになる。BIOSのLBAモードを有効にする。

  • SCSI HDDとリニアモード
     リニアモードでなければ起動しないタイプのSCSI HDDを使用しているとエラーになる。LILOのインストール時に、[リニアモードを使用する]をオンにする。

  • 複数のDOSパーティションがある
     複数のDOSパーティションがあり、それぞれにWindowsがインストールされていると、それぞれのブートラベル(/etc/lilo.confのlabel=で指定される)がdosという名前で重複してエラーになる。重複しない名前に変更するか、項目を削除する。

 ただし、Linuxのインストール中に上記の対策を行うことは難しいので、取りあえずLILOのインストールを飛ばして次へ進み、起動ディスクを作成する。インストールが終了したら、その起動ディスクでLinuxを起動して/etc/lilo.confを編集する(BIOSの設定変更が必要であれば、PCの再起動時に行う)。

 /etc/lilo.confの編集が終わったら、liloコマンドを実行してLILOの設定を反映する。

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH