Linux Tips

LILOで起動するデフォルトOSを変更するには

北浦訓行
2001/11/15

 例えば、WindowsとLinuxが共存しているPCの/etc/lilo.confは以下のようになっているはずだ。

boot=/dev/had ←LILOを書き込む場所
map=/boot/map
install=/boot/boot.b
prompt
timeout=50 ←5秒間入力がないと、defaultで指定されたOSが起動
message=/boot/message
append="apm=on"
default=linux ←デフォルトのOSはLinux

image=/boot/vmlinuz-2.2.18-0vl4.2 ←Linuxの設定
        label=linux
        initrd=/boot/initrd-2.2.18-0vl4.2.img
        read-only
        root=/dev/hda5

other=/dev/hdd1 ←DOS(Windows)の設定
        label=dos

 この場合、デフォルトで起動するOSはLinuxに設定されている。これをWindowsに変更するには、以下のようにdefault=の行を変更する。

default=linux
    ↓
default=dos

 もし、dosという言葉が分かりにくいのであれば、winと書き換えてもいいだろう。その場合は、default=winとするだけではなく、label=dosもlabel=winとしなければならない。

 設定が終了したら、liloコマンドを実行して設定を反映させる。

# /sbin/lilo
Added linux
Added dos * ←デフォルトに設定されたラベルに「*」マークが付く

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH