Linux Tips

カーネルのパラメータを設定する際のツール

北浦訓行
2001/12/6

 Linuxでは、カーネルのパラメータを変更した場合カーネルの再構築が必要となる。再構築の作業はmakeコマンドで自動的に行うことができるのだが、パラメータの設定では

  • config
  • menuconfig
  • xconfig

のいずれかのツールを使うことになる。また、カーネルの再構築手順は各ディストリビューションおよびバージョンによって微妙に異なるので、具体的な手順についてはディストリビュータのWebサイトおよびRed Hat Linux 7.xのカーネルを再構築するにはTurbolinux 7 Workstationのカーネルを再構築するにはVine Linux 2.xのカーネルを再構築するにはを参照。

 configはコンソールで操作するツールで、1問1答式でカーネルのパラメータを設定する。パラメータを間違えても元に戻って設定することができないので使いにくい。

# make config
rm -f include/asm
( cd include ; ln -sf asm-i386 asm)
/bin/sh scripts/Configure arch/i386/config.in
#
# Using defaults found in arch/i386/defconfig
#
*
* Code maturity level options
*
Prompt for development and/or incomplete code/drivers (CONFIG_EXPERIMENTAL) [Y/n/?] ←オン/オフをYとnで入力

 menuconfigは、configと同じくコンソールで実行するプログラムだが、名前のとおりパラメータの設定をメニューから選択できるので使いやすい。

menuconfigによるカーネルパラメータの設定画面

 xconfigは、X Window Systemで動作するツールだ。設定をマウスで行えるので最も使いやすいが、X Window Systemが起動する環境でなければ使うことができない。

xconfigによるカーネルパラメータの設定画面

 カーネルを再構築するには、カーネルのソースがあるディレクトリに移動して、makeコマンドに続けて上記のツール名を指定する。

# cd /usr/src/linux ←ディストリビューションによって異なる
# make menuconfig ←menuconfigを使用する場合

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH