Linux Tips

SRPMからプログラムをインストールするには

北浦訓行
2001/12/13

 Red Hat LinuxやVine Linux、TurbolinuxなどのいわゆるRPM系のLinuxでは、RPMというパッケージ管理システムを採用している(RPMパッケージとは参照)。しかし、WebサイトなどにアップロードされているRPMファイルをインストールしても、ライブラリのバージョンなどが違ったり依存関係に問題があるといった理由により、動作するとは限らない。

 動作しないときは、ソースコードのRPMファイル(SRPM)を入手し、それを自分のシステムの環境に合うRPMファイルに再構築してインストールすればいい。SRPMは、以下のようなファイル名になっている。

プログラム名-バージョン.src.rpm

 ちなみに、バイナリパッケージの場合は以下のとおりだ。

プログラム名-バージョン.rpm

 SRPMの再構築は、以下のように行う。

$ rpm --rebuild postfix-0.0.20010228-0vl2.src.rpm
(省略)
$

 すると、バイナリパッケージ(nmap-2.53-2.rpm)が作成される。作成されたバイナリパッケージが置かれる場所は、ディストリビューションやユーザーによって異なる。Vine Linuxを使ってnoriというユーザーで再構築したときは/home/nori/rpm/RPMS/i386に作成された。Turbolinuxのrootでは、これが/var/src/rpm/RPMS/i386になった。後は、通常のRPMパッケージと同じ手順でインストールすればいい。

# rpm -ihv nmap-2.53-2.rpm

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH