Linux Tips

起動時のコンソールのキー配列を変更するには

北浦訓行
2001/12/20

 Linuxが起動したときのコンソールのキー配列を変更する方法は、ディストリビューションによって異なる。Red Hat LinuxおよびVine Linuxの場合は、kbdconfigコマンドを使用する(root権限が必要)。オプションなしでkbdconfigコマンドを実行すると、以下の画面が表示される。

kbdconfigの画面。setupコマンドを実行して、メニューの一覧から[キーボード設定](または[Keyboard configuration])を選択してもこの画面が表示される

 変更したいキー配列を選択して[Enter]キーを押すと、そのキー配列に変更される。

 Turbolinuxの場合は、kbdconfigのようなツールが用意されていないので設定ファイルの/etc/sysconfig/keyboardを書き換える必要がある。rootでログインし、エディタで/etc/sysconfig/keyboardを開く。

KEYBOARDTYPE="pc"
KEYTABLE="jp106" ←"jp106"を"jp106_Ctrl_CAPS"に変更

 変更したら、/etc/sysconfig/keyboardを保存終了し、キーボードマップを読み込む。

# service keytable restart
Loading keymap: Loading /usr/lib/kbd/keymaps/i386/qwerty/jp106.kmap.gz
Loading system font:

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH