Linux Tips

プログラムの実行を一時的に停止するには

北浦訓行
2001/12/20

 実行中のプログラムを一時的に停止するには、そのプログラムに対してkillコマンドを使って「SIGSTOP」シグナルを送信すればいい。最初にpsコマンドで一時停止させたいプログラムのプロセスIDを調べる。ここでは、例として、procinfoコマンドを一時停止してみる。

$ ps ux
USER   PID %CPU %MEM   VSZ  RSS TTY     STAT  START   TIME COMMAND
nori   876  0.0  1.7  1844 1076 pts/0   S     12:07   0:00 bash
nori   886  0.0  0.9  1196  576 pts/0   S     12:08   0:00 procinfo -f ←procinfoのプロセスIDは886
nori   937  4.0  1.7  1844 1076 pts/1   S     12:10   0:00 bash
nori   947  0.0  1.1  2352  720 pts/1   R     12:10   0:00 ps ux

 procinfoコマンドのプロセスIDが「886」であることが分かったので、以下のようにkillコマンドを実行する。

$ kill -s SIGSTOP 886

 すると、procinfoの結果を表示しているコンソールに以下のようなメッセージが表示され、プロセスが一時停止したことが分かる。

[1]+  Stopped (signal)        procinfo -f

 一時停止したプログラムを再開するには、同様にkillコマンドで「SIGCONT」シグナルを送信すればいい。

$ kill -s SIGCONT 886

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH