Linux Tips

Windows XPとLinuxを共存させるには(GRUB編)

北浦訓行
2001/12/27

 Windows XPとLinuxを共存させるには(LILO編)に続き、Red Hat Linux 7.2から搭載されたブートローダであるGRUBを使う場合の設定方法を紹介しよう(編注)。

:以下、Windows XPを例に説明するが、Windows NT/2000にも応用可能。

 Linuxをインストールしてブートディスクを使って起動するところまではLILO編と同じだ。次に、LinuxのパーティションにGRUBをインストールする。

# /sbin/grub-install /dev/hda5 ←/dev/hda5にGRUBをインストール
Installation finished. No error reported.
This is the contents of the device map /boot/grub/device.map.
Check if this is correct or not. If any of the lines is incorrect,
fix it and re-run the script `grub-install'.

# this device map was generated by anaconda
(fd0)     /dev/fd0
(hd0)     /dev/hda

 GRUBのインストールが終わったら、LILO編の手順でブートセクタをファイル化し、これをboot.iniに登録すればよい。

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH