Linux Tips

GUIでCD-R/RWにデータを保存するには

北浦訓行
2002/1/17

 LinuxのインストールCDを作成するにはで説明したcdrecordコマンドは、WindowsのCD-R/RWライティングソフトを使い慣れたユーザーにとっては使いにくいだろう。LinuxにもGUIでCD-R/RWに書き込むためのX-CD-Roastというソフトウェアがある。

 X-CD-Roastは、GTK+で書かれたCD-R/RWライティングソフトだ。X-CD-RoastはWebサイト(http://www.xcdroast.org/)からダウンロードしてインストールするが、Red Hat Linux 7.2には最初からインストールされている。もしインストールされていなくても、Red Hat用にはバイナリのRPMファイルが用意されているので、そのRPMファイルをダウンロードして、以下のようにインストールすればいい。

#rpm -ihv xcdroast-0.98alpha9-1.i386.rpm

 Turbolinuxなどは、バイナリのRPMが用意されていないので、SRPMファイルをダウンロードして再構築する(SRPMからプログラムをインストールするには参照)。なお、Webサイトのダウンロードページには本体のxcdroast-0.98alpha9-1.i386.src.rpmのほかに、cdrtools-1.10-1.src.rpmというファイルもあるが、試した限りではダウンロードする必要はないようだ。xcdroast-0.98alpha9-1.i386.src.rpmの再構築は、以下のように行う。

# rpm -rebuild xcdroast-0.98alpha9-1.i386.src.rpm

 再構築が終了したら、作成されたバイナリをインストールする。バイナリのRPMファイルは、/var/src/rpm/RPMS/i586/xcdroast-0.98alpha9-1.i586.rpm(PCによっては、i586がi386などに変わる)だ。

# rpm -ihv /var/src/rpm/RPMS/i586/xcdroast-0.98alpha9-1.i586.rpm

 インストールできたら、X-CD-Roastを起動してみる。まず、X-CD-Roastを使用するユーザーの登録や読み取り、書き込みドライブの指定などを行う。それが終わったら、CD-R/RWの作成が可能になる。使用法は、WindowsのCD-R/RWライティングソフトとほぼ同じなので、それらを使った経験があればすぐに分かるだろう。

X-CD-RoastのCD/イメージ情報画面。オーディオCDのアルバム名などをCDDBサーバに問い合わせる機能もある(画像をクリックすると拡大表示します)

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH