Linux Tips

コンソールが消灯するのを防ぐには

北浦訓行
2002/1/31

 コンソールをしばらく操作しないと画面が真っ黒になる。これを防ぐには、settermコマンドを使用する。

 settermコマンドの-blankオプションで、スクリーンが消灯するまでの時間を分単位で指定する。例えば、1分間コンソールを操作しないとスクリーンが消灯するようにさせるには、以下のように実行する。

$ setterm -blank 1

 従って、スクリーンが消灯しないようにさせるには、オプションを以下のように指定すればいい。

$ setterm -blank 0

 この設定は、Linuxを再起動すると無効になってしまう。常に有効にするには、~/.bashrcなどに設定しておくといいだろう。

 なお、settermコマンドによるスクリーンの消灯は、kon使用時には無効だ。kon使用時にスクリーンを消灯する方法は、kon使用時にコンソールが消灯するのを防ぐにはを参照。ちなみに、Turbolinuxのminiuniコマンドでは、setterm -blankは有効だ。

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH