Linux Tips

ディスプレイの省電力機能を使用するには(コンソール編)

北浦訓行
2002/1/31

 最近のディスプレイは、ほとんどがVESA提唱の省エネルギー化に関する規格であるDPMS(Display Power Management Signaling)に対応している。従って、DPMSの機能を有効にすれば、ディスプレイの消費電力を節約することができる。

 コンソールで省電力機能を利用するには、settermコマンドを使用する。コンソールが消灯したときに、それに連動してディスプレイをサスペンドするには、-powersave onオプション付きでsettermコマンドを実行する。以下のようにすると、無操作状態が5分間続くとサスペンドモードにする。

$ setterm -blank 5 -powersave on

 ディスプレイをパワーオフすれば、さらに節電になる(CRTディスプレイの場合)。パワーオフモードを有効にするには、-powerdownオプション付きでsettermコマンドを実行する。15分後にパワーオフする場合は以下のようにする。

$ setterm -powerdown 15

 なお、上記のオプションは、1行にまとめることができる。

$ setterm -blank 5 -powersave on -powerdown 15

 上記のようにすると、無操作5分後にサスペンド、さらに15分後(計20分後)にパワーオフする。

 コマンドラインで設定すると、Linuxを再起動すると無効になってしまう。常に有効にするには、~/.bashrcなどに設定しておくといいだろう。

 また、X Window Systemでディスプレイの省電力機能を使うには、「ディスプレイの省電力機能を使用するには」のXFree86 3.x編およびXFree86 4.x編を参照。

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH