Linux Tips

コンソールで文字をコピー&ペーストするには

北浦訓行
2002/3/21

 Red Hat LinuxやTurbolinux、Vine Linuxなどでは、コンソールに長方形のマウスポインタが表示される。これは、gpm(General Purpose Mouse)というプログラムによるものだ。

 gpmを使うと、コンソール上に表示された文字をコピー&ペーストできる。ここでは、一例としてコンソールに表示されたディストリビューション名とカーネルのバージョン番号をコピーして、viで開いたファイルにペーストする手順を紹介する。

 コンソールからログインすると、以下のような画面が表示される。

Red Hat Linux 7.2起動直後にコンソールからログインした画面

 マウスを動かすと、それに合わせて長方形のマウスポインタが画面上を移動するのが分かる。マウスの左ボタンをクリックしながら、コピーする文字をドラッグする(ここでは、「Red Hat〜on an i686」をドラッグ)。文字が反転したら、マウスのボタンを放す。これでコピーは終了だ。

マウスの左ボタンを押しながらコピーしたい文字をドラッグしてボタンを放す

 viを起動したら[I]キーを押して挿入モードにし、右ボタンをクリックするとコピーした文字がペーストされる。

右ボタンをクリックすると、コピーした文字がペーストされる

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH