Linux Tips

コンソールに表示されるマウスポインタを消すには

北浦訓行
2002/3/28

 Red Hat LinuxやTurbolinux、Vine Linuxなどでは、コンソールに長方形のマウスポインタが表示される(コンソールで文字をコピー&ペーストするにはを参照)。このマウスポインタはgpm(General Purpose Mouse)というプログラムによって制御されている。従って、gpmを停止すればマウスポインタは表示されなくなる。

 gpmはデーモンとして起動しているので、停止するにはchkconfigntsysv(Turbolinuxの場合はturboservice)といったコマンドを使用する。

# chkconfig gpm off

 また、特定のランレベルだけを止める場合は、以下のようにする。

# chkconfig --level 3 gpm off ←ランレベル3ではgpmを起動しない

 Red Hat LinuxやVine Linuxはntsysvコマンド、Turbolinuxはturboserviceコマンドでも設定できる。詳しくは、システムサービスのランレベルを調べたり変更するにはを参照。

Red Hat Linux 7.2で実行したntsysv。konを実行してからでないと文字化けするので注意

 なお、一時的にgpmを停止/起動する場合はserviceコマンドを使用する。

# service gpm stop
コンソールマウスサービスを停止中:                          [  OK  ]
# service gpm start
コンソールマウスサービスを起動中:                          [  OK  ]

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH