Linux Tips

アプリケーションとファイルの関連付けを設定するには

北浦訓行
2002/4/4

 X Window Systemでは、ファイルとアプリケーションを関連付けることによって、例えば.tiffという拡張子が付いたファイルをダブルクリックすると、GIMPが起動してその.tiffファイルを読み込むという機能を実現している。従って、これらの設定を変更すれば、.tiffファイルをダブルクリックしたときにGIMPではなくイメージビューアが起動するといったことも可能になる。これらの設定は、GNOMEやKDEなどで行う。

 GNOMEでは、GNOMEコントロールセンターで設定する場合とNautilusで設定する場合がある。GNOMEコントロールセンターの場合は、画面左のペインの[文書ハンドラ]にある[MIME型]をクリックする。すると、ファイルの関連付け設定画面が表示される。

GNOMEコントロールセンターの[MIME型]設定画面

 関連付けを新規に作成するときは[追加]ボタンを、既存の関連付けを変更するには[編集]ボタンをクリックする。

 Nautilusでは、画面右のペインにある[ユーザ設定]−[文書型ハンドラ]−[ファイルの種類とプログラム]の順にアイコンをダブルクリックすると、[ファイルの種類とプログラム]ダイアログボックスが表示される。

Nautilusで起動した[ファイルの種類とプログラム]ダイアログボックス

 両者の設定内容はやや異なるが、基本的にはファイルの拡張子を登録して、その拡張子がダブルクリックされたときに起動するアプリケーションを定義する。ファイルの拡張子は、TIFFファイルだけでも.tifや.tiff、.TIF、.TIFFなどが考えられるので、必要なものを設定すればいい。設定が終わったら[OK]ボタンをクリックする。

 KDEでは、KDEコントロールセンターで設定する。画面左のペインの[ファイルブラウズ]にある[ファイルの関連付け]をクリックすると、右側のペインにファイルの関連付けに関する設定画面が表示される。

KDEコントロールセンターの[ファイルの関連付け]設定画面

 KDEの場合もGNOMEと同様に、ファイルの拡張子を登録して、その拡張子がダブルクリックされたときに起動するアプリケーションを定義する。設定が終了したら[適用]ボタンをクリックして、KDEコントロールセンターのウィンドウを閉じる。

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH