Linux Tips

Nautilusを無効にするには

北浦訓行
2002/4/18

 Nautilusは、ファイルやシステムの管理、Webブラウザなどの機能を持ったGNOME用のデスクトップ環境で、Windowsのエクスプローラと同じような位置付けとなる高機能なソフトウェアだ。Red Hat Linux 7.2やTurbolinux 7 WorkstationのGNOMEでは、デフォルトでNautilusが使われる。しかし、Nautilusを使用するとGUIの動作が遅くなってしまうので、低速なCPUを搭載したPCで使うのはかなり苦しい。そのような場合は、Nautilusを無効にするといい。

 Nautilusを無効にするには、Nautilusの[設定]メニューにある[編集設定]をクリックする。すると、[設定]ダイアログボックスが表示されるので、画面左のボックスの[ウィンドウ&デスクトップ]をクリックする。画面右にデスクトップの設定などを行うための項目が表示されたら、[デスクトップ描画にNautilusを使用]というチェックボックスをオフにする。

[デスクトップ描画にNautilusを使用]に付いているチェックマークをオフにする

 [OK]ボタンをクリックしたら、Nautilusのウィンドウを閉じてさらにGNOMEを終了する。その際、[本当にログアウトしますか?]の画面で[現在の設定を保存]をオンにして、[はい]ボタンをクリックする。

 bashの画面が表示されたら、Nautilusの設定が保存されているディレクトリを削除するか、名前を変更しておく。Nautilusをまた使う可能性がある場合は、名前を変更する方がいいだろう。ちなみに、Nautilusの設定ディレクトリは.gnome-desktopだ。ここでは、便宜的に.gnome-desktop-nautilusにしておく。

$ mv .gnome-desktop .gnome-desktop-nautilus

 削除する場合は、以下のコマンドを実行する。

$ rm -rf .gnome-desktop-nautilus

 startxコマンドでX Window Systemを起動すると、以下の画面のようにデスクトップには何も表示されない。

Nautilusを使用しない設定にすると、デスクトップに何も表示されなくなる

 このままでも、GNOMEのパネル(アイコンなどが表示された最下行のバー)があるので操作には困らないが、Nautilusが採用される前に使われていたgmcを使うのもいいだろう。gmcを使うには、GNOMEターミナルを起動して、gmcコマンドを実行する。すると、以下のように懐かしい画面が表示されるようになる。

gmcによるGNOMEの画面

 このままgmcを使い続けるときは、GNOMEを終了する際に[本当にログアウトしますか?]の画面で[現在の設定を保存]をオンにして、[はい]ボタンをクリックすればいい。なお、gmcを実行した後のGNOMEターミナルは、[Ctrl]+[C]キーを押してgmcコマンドを中断させて構わない。中断させても、デスクトップ上の各種アイコンは表示されたままになる。

 gmcに変更したデスクトップをNautilusに戻すこともできる。方法はNautilusを有効にするにはを参照。

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH