Linux Tips

X Window Systemの色数を一時的に変えるには

北浦訓行
2002/5/2

 X Window Systemでは、色の数は以下のように表現される(実際には、下記以外にも「1」「4」「15」などが指定可能だが、ドライバがサポートしている場合に限られる)。

 
Depth
色数
  8 256色
  16 6万5336色
  24 1677万7216色

 X Window Systemの設定ファイルである/etc/X11/XF86Config-4(XFree86 4.xの場合)や/etc/X11/XF86Configでは、「Screen」セクションで「DefaultDepth 24」とか「DefaultColorDepth 16」というように定義されている。従って、X Window Systemの色数を変更する場合は、この部分の数字を変更すればいいのだが、一時的に色数を変更したいときにまで、設定ファイルを変更するのは面倒だ。

 そのようなときには、startxコマンドの「-- -depth」オプションで色数を指定すればいい。

$ startx -- -depth 8  ←256色でXを起動
$ startx -- -depth 16 ←6万5336色でXを起動
$ startx -- -depth 24 ←1677万7216色でXを起動

 ただし、「-- -depth」オプションで指定できる色数は、/etc/X11/XF86Config-4または/etc/X11/XF86Configの「Screen」セクションの「Display」サブセクションで指定されていなければならない(解像度も指定されていることが望ましい)。もし、以下のような設定がない場合は、追加しておく必要がある。

Section "Screen"
        Identifier   "Screen0"
        Device       "Matrox Millennium G400"
        Monitor      "Monitor0"
        DefaultDepth    24

        Subsection "Display"
                Depth       24
                Modes       "1024x768"
        EndSubsection

        Subsection "Display"
                Depth       16
                Modes       "1024x768"
        EndSubsection

        Subsection "Display"
                Depth       8
                Modes       "1024x768"
        EndSubsection

EndSection

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH