Linux Tips

ファイル名補完機能で大文字と小文字の区別をなくすには

北浦訓行
2002/5/31

 ファイル名の入力を簡単にするにはで、ファイル名を入力する際のファイル名補完機能について説明した。デフォルト設定では、ファイル名の補完は大文字と小文字が区別される。例えば、「vi /etc/X11/XF86Config-4」というコマンドを実行するなら、「vi /etc/X」と入力して[Tab]キーを押さなければ「vi /etc/X11」とは補完されない。大文字と小文字を区別しなくなれば、「vi /etc/x」と入力すればいいので[Shift]キーを押す必要がなくなる。

 大文字と小文字の区別をしないようにするには、~/.inputrcに以下の行を追加する。ちなみに、/etc/inputrcに追加すると設定が全ユーザーに適用される。

set completion-ignore-case on

 /etc/inputrcまたは~/.inputrcの編集が終了したら、bashのコマンドラインで[Ctrl]+[x]、[Ctrl]+[r]キーを押して設定を有効にする。

$ ls /etc/x ←[Tab]キーを2回押す
xinetd.conf  xinetd.d     xml          xpdfrc
set completion-ignore-case offの場合。「x」で始まるファイル/ディレクトリ名が表示される

$ ls /etc/x ←[Tab]キーを2回押す
X11          xinetd.conf  xinetd.d     xml          xpdfrc
set completion-ignore-case onの場合。「X」で始まるファイル/ディレクトリ名も表示される

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH