Linux Tips

WebminでSSLを使うには

北浦訓行
2002/6/20

 Vine Linux 2.5やTurbolinux 8 Workstationなど、Webminが最初からインストールされている場合は、WebminにSSLでアクセスできる。しかし、Webminを自分でインストールした場合は、SSL用のモジュールをインストールする必要がある。ここでは、その手順について説明する。なお、SSL用モジュールを使うには、OpenSSLライブラリが必要となるが、Red Hat LinuxやTurbolinuxはインストール済みだ。

 SSL用モジュールのインストールは、Webminのメニューから半自動的に行うことができる。[その他]カテゴリの[Perlモジュール]アイコンをクリックし、[FTP またはhttp URL から]を選択し、ボックスに以下のURLを入力して[インストール]ボタンをクリックする。

http://webmin.com/webmin/download/Net_SSLeay.pm-1.05.tar.gz

 すると、[Perlモジュールのインストールオプション]というオプション選択の画面が表示される。[インストールアクション]を[makeしてインストール]にして(筆者の環境では、テストで失敗したため)、[Makefile.PL 引数]の欄に「/usr」と入力したら[インストールを続行]ボタンをクリックする。すると、モジュールの展開やコンパイルなどが始まる。

このようなメッセージが表示されればインストールは完了

 SSLのモジュールをインストールしたら、SSLを有効にする。[Webmin設定]−[SSL暗号化]をクリックして、[SSL サポートがある場合はそれを有効にする]を選択する。そして[保存]ボタンをクリックする。すると、Webブラウザの[セキュリティの警告]ダイアログボックスが表示される()が、そのまま続行する。以降のアクセスは、自動的に暗号化される。

注:セキュリティの警告を出さなくするには、ベリサインのような認証サービスから認証を受ける必要があるが、認証を受けなくても通信は暗号化されている。

 以上で、SSL用モジュールのインストールは終了だ。一度ログアウトして、SSLでアクセスしてみよう。

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH