Linux Tips

コンソールを高解像度で表示するには(GRUB編)

北浦訓行
2002/8/1

 Linuxのコンソールは、デフォルトでは80文字×25行の文字が表示されるが、カーネルに「vga=番号」というパラメータを渡して起動すると、高解像度でコンソールを表示することができる(Red Hat Linux 7.3、Turbolinux 8 Workstation、Vine Linux 2.5で確認)。ここでは、Red Hat Linux 7.3とTurbolinux 8 Workstationで、GRUBを利用してコンソールを高解像度で表示する方法を説明する。

 GRUBの画面が表示されたら[e]キーを押す。すると、起動するカーネルの選択画面が表示される。

 起動するカーネルを選択したら、再度[e]キーを押す。すると、カーネルオプションの編集画面になるので、行の終わりに「vga=773」などのように、オプションを追加する。ちなみに、GRUBの編集モードではキー配置が101キーボードになっている。そのため、「=」を入力するには、[Shift]キーを押さないで[^]キーを押す(ただし、Turbolinuxの場合は106キーボードと同じく、[Shift]+[-]キーで入力できる)。GRUBのコマンドラインモードのキー配置を106キーボードと同じにする方法は、GRUBのコマンドラインモードのキー配列をjp106にするにはを参照。

vga=オプションを追加する

 なお、vga=に続いて指定する番号は、以下のような意味を持つ(コンソールを高解像度で表示するには(LILO編)と同じ)。

  番号 解像度:色数
  771 800×600:256色
  773 1024×768:256色
  775 1280×1024:色
  788 800×600:6万5000色
  791 1024×768:6万5000色
  794 1280×1024:6万5000色
  789 800×600:1600万色
  792 1024×768:1600万色
  795 1280×1024:1600万色

 オプションの指定が終わったら[Enter]キーを押す。すると、カーネルの選択画面に戻るので[b]キーを押す。以上で、指定したオプションでブートプロセスが始まる。

入力したオプションが確認できる。[b]キーを押すと起動する

 ブートプロセスが始まると、すぐに画面が指定した高解像度に変わる。従来よりもより多くの情報が一度に画面に表示されているはずだ。

高解像度モードで/etcのリストを表示した

 ただし、表示可能な解像度や色数は、ビデオカードによって異なる。大抵の場合、256色であれば、ここに表示した解像度での表示は可能だと思われるが、筆者手持ちのビデオカードは、Matrox Millenium G400が800×600ドットでしか表示できなかった。

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH