Linux Tips

OpenOffice.orgのフォント置換ダイアログで[適用]ボタンが表示されない

北浦訓行
2002/8/22

 OpenOffice.orgでメニューなどのフォントを変えるにはで、画面に表示されるフォントを変更する方法を紹介したが、[置換候補]として選択したフォントによっては、文字間が空いてしまって、[置換候補]の右にあるチェックマークのボタン([適用]ボタン)が表示されなくなってしまうことがある(筆者のRed Hat Linux 7.3では、[Kochi Gothic]などを選択してOpenOffice.orgを再起動するとそのような状態になった)。

文字間が広がってしまい、右端の[適用]ボタンが表示されなくなったダイアログボックス(画像をクリックすると拡大表示します)

 そのような状態になると、[フォントの置換]ダイアログボックスでは、フォントを変更できなくなってしまう。これを元の状態に戻すには、設定ファイルを変更するといい。

 OpenOffice.orgを終了した状態で、設定ファイルを変更する。設定ファイルは、~/OpenOffice.org/user/config/registry/instance/org/openoffice/
Office/Common.xmlだ。テキストエディタでこのファイルを開くと、10行目辺りに以下の記述がある。

    <SubstituteFont cfg:type="string">Kochi Gothic</SubstituteFont>

 この行の「Kochi Gothic」を「Gothic」に変更して保存終了する。OpenOffice.orgを起動すると、フォントが変わって[フォントの置換]ダイアログボックスのサイズも正常に戻っているはずだ。

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH