Linux Tips

カラー表示されたlsの出力をlessで表示するには

北浦訓行
2002/10/17

 Red Hat LinuxやVine Linuxでlsコマンドを実行すると、ファイルの種類によって色分け表示される(例えば、画像ファイルはピンク、ディレクトリは青、シェルスクリプトは緑、リンクは水色)。これは、エイリアスでlsコマンドが--colorというオプション付きで実行されるためだ。

コンソールで実行したlsコマンド。Turbolinuxのデフォルト状態ではエイリアスに--colorが設定されていないので、--colorオプションを付ける必要がある

 この色分けされたlsの出力をパイプ(|)でlessに渡すと、通常の白い文字で表示される。これをlsの出力そのままで表示するには、以下のように-Rオプション付きでlessコマンドを実行すればいい。

$ ls --color | less -R

 すると、以下のように色付きで表示される。

コンソールで「ls -a --color | less -R」を実行

 先述したとおり、Red Hat LinuxやVine Linuxは、--colorオプション付きで実行されるようにエイリアスされているが、その内容が「'ls --color=tty'」または「'ls --color=auto'」となっているため、lessを実行するとモノクロ表示になってしまう。lessを実行する際は、Red Hat LinuxやVine Linuxでも--colorオプションを付けるか、「'ls --color=always'」のようにエイリアスを変更する必要がある。エイリアスを変更する場合は、~/.bashrcに、

alias ls='ls --color=always'

などと記述しておくといいだろう。

 なお、以下のように環境変数LESSを設定すると、実行時にいちいち-Rオプションを付ける必要はなくなる。

$ export LESS='-R'

 これも必要なら~/.bashrcに書いておくといいだろう。

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH