Linux Tips

VMwareにインストールしたLinuxがカーネルパニックを起こす

北浦訓行
2002/11/14

 VMwareにインストールしたLinuxがカーネルパニックを起こしてしまい、正常に起動できない場合がある(Vine Linux 2.6で確認。VMwareのバージョンは3.1および3.2)。

カーネルパニックの画面。インストールは正常に終了するが、再起動するとカーネルパニックが発生する(画像をクリックすると拡大表示します)

 この現象が発生した場合は、VMware上の仮想マシンのIDEに接続されたDVD/CD-ROMをSCSIに接続し直せばいい。具体的には、[Power Off]ボタンをクリックして仮想マシンの電源を切る。次に、左ペインに表示されている仮想マシン名(Linuxをインストールする際に入力した名前。例では[Vine Linux 2.6r1])を右クリックして、表示されるメニューの[Settings...]を選択する。[Configuration Editor]ダイアログボックスが表示されるので、左のボックスにある[DVD/CD-ROM(IDE 1.0)]を選択する。そして、[Virtual device node]グループにある[SCSI]のラジオボタンをオンにする。

オフの状態だと[SCSI]の文字が薄く表示されているが、上のラジオボタンをオンにすると黒い文字で表示される(画像をクリックすると拡大表示します)

 以上で設定の変更は終了だ。[OK]ボタンをクリックしてダイアログボックスを閉じて、ツールバーの[Power On]ボタンをクリックすると、Linuxが正常に起動するはずだ。

 なお、一度Linuxが正常に起動するようになると、後で[DVD/CD-ROM(IDE 1.0)]の設定をIDEに戻しても正常に動作するようだ。

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH