Linux Tips

スワップ領域を既存パーティション上に確保するには

北浦訓行
2003/1/9

 Linuxをインストールすると、ハードディスク上にスワップ専用のパーティションが作成される。普通はそれで問題ないが、一時的に巨大なデータを扱う必要があるなどの理由で、スワップ領域を拡張したい場合がある。

 パーティションのサイズを変更する方法もあるが、これはデータ損失などのリスクを伴う。そのようなときは、スワップ領域をファイルとして確保するといいだろう。

 最初に、ddコマンドでスワップ領域として利用するファイルを作成する。以下の例では、/に「swap」という名前で128Mbytesのスワップ用ファイルを作成している。

# dd if=/dev/zero of=/swap bs=1024 count=131072
読み込んだブロック数は 131072+0
書き込んだブロック数は 131072+0
# ls -l /
合計 131305
(省略)
-rw-r--r--    1 root     root     134217728 Dec 23 17:15 swap
(省略)

 次に、作成したファイルをスワップ領域として初期化する。初期化には、mkswapコマンドを使用する。

# mkswap /swap
Setting up swapspace version 1, size = 131068K

 初期化したら、swaponコマンドでそのスワップファイルを有効化する。

# swapon /swap

 以上で、スワップ領域が128Mbytes分増えたはずだ。確認するには、以下のコマンドを実行するといい。

# cat /proc/swaps
Filename                     Type            Size    Used    Priority
/dev/sda3                    partition       522104  0       -1
/swap                        file            131064  0       -2

 また、次のコマンドでは、トータルのサイズが表示される。

# cat /proc/meminfo
        total:    used:    free:  shared: buffers:  cached:
Mem:  262008832 258203648  3805184        0 42266624 150315008
Swap: 668844032        0 668844032 ←スワップのサイズ
MemTotal:       255868 kB
(省略)

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH