Linux Tips

MozillaやNetscapeにプラグインをインストールするには

北浦訓行
2003/1/31

 MozillaやNetscapeには、プラグイン(Plug-in)というプログラムを追加することによって、本来は扱えないデータやサービスを利用可能にする機能がある。代表的なプラグインとしては、Apple QuickTimeプラグインやAdobe Acrobat Readerプラグイン、Macromedia Flash Playerプラグイン、RealNetworks RealPlayerプラグインなどがある。

 ここでは、JavaプラグインをNetscapeのWebサイトから検索してMozillaにインストールする方法を紹介する(Netscapeも基本的には同じ操作でインストールできる)。

注:プラグインのインストールは、rootで行う必要がある。一般ユーザーでダウンロードすると、インストール時に失敗するので注意が必要だ(エラーメッセージが「ダウンロードに失敗した」という内容なので、原因を突き止めにくい)。

 まず、Mozillaにどのようなプラグインがインストールされているかを調べてみよう。[ヘルプ]−[Plug-inについて]を選択すると、現在インストールされているプラグインが表示される。

 この画面の上部にある「Find more information about browser plug-ins at Netscape.com.」というメッセージの[Netscape.com]に張られたリンクをクリックすると、NetscapeのBrowser Plug-insページが表示される。

 画面左にある[Find Plug-ins]というリンクをクリックすると、検索画面が表示されるので、検索条件を入力する。例ではJavaプラグインをインストールしたいので、プラットフォームのボックスで[Linux]を、MIMEタイプのボックスで[application/X-java-applet]を選択して[Start Search]ボタンをクリックする。

 検索結果が表示されたら、該当するプラグインのリンクをクリックする。ここでは、Javaのプラグインが1件見つかったので、[Java]というリンクをクリックすることになる。

 ダウンロード画面が表示されるので、[Click to Download]というアイコンをクリックする。すると、[ソフトウェアインストール]というダイアログボックスが表示されるので、[インストール]ボタンをクリックする。

[ソフトウェアインストール]ダイアログボックス。[インストール]ボタンをクリックすると、ダウンロードおよびインストール作業が始まる

 インストールが完了すると、「成功」という文字が表示されるので、[OK]ボタンをクリックしてダイアログボックスを閉じる。

 以上でプラグインのインストールは終了だ。Webブラウザを閉じて再起動すると、プラグインが有効になる。本当にインストールされたかどうかは、[ヘルプ]メニューの[Plug-inについて]で確認できる。

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH