Linux Tips

HTTPサーバにあるファイルをダウンロードするには

北浦訓行
2003/1/31

 HTTPサーバにあるファイルをダウンロードする方法はいくつかある。Webブラウザでそのファイルを表示して保存することもできるが、そのためだけにX Window Systemを起動して、Webブラウザを実行するのは面倒だ。そのような場合には、wgetコマンドを使うといい。

 wgetコマンドは、HTTPサーバおよびFTPサーバからファイルをダウンロードするプログラムだ。1つのファイルを指定してダウンロードすることもできるが、特定のディレクトリ以下にあるファイルをすべてダウンロードしたり、あらかじめダウンロードするファイル名(URL)をテキストファイルに書いておいて、一気にダウンロードすることもできる。

 例えば、http://www.example.co.jp/というWebサイトにあるindex.htmlというファイルをダウンロードするには、以下のコマンドを実行する。

$ wget http://www.example.co.jp/index.html
--11:36:24--  http://www.example.co.jp/index.html
           => `index.html'
www.example.co.jp をDNSに問いあわせています... 完了しました。
www.example.co.jp[xxx.xxx.xxx.xxx]:80 に接続しています... 接続しました。
HTTP による接続要求を送信しました、応答を待っています... 200 OK
長さ: 997 [text/html]

100%[=================================>] 997       973.63K/s    ETA 00:00

11:36:25 (973.63 KB/s) - `index.html' を保存しました [997/997]

 また、

http://www.example.co.jp/index.html
http://www.example.co.jp/tmp/file.zip
http://www.example.com/download/readme.txt

のように、あらかじめダウンロードするファイル(例えばlist.dat)を作成しておいて、-iオプションを付けてwgetを実行すると、指定したファイルを一括ダウンロードできる。

$ wget -i list.dat

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る
- PR -

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

第2回 技術の進化がマーケティングに与えたインパクト
第2回では、新しいKKD(「仮説」「検証」「データ分析」)が意味を持つようになった時代...

第5回 Webサイトの目的を社内で共有する――他部署をうまく巻き込むには?
遠藤さんのプレゼンがいよいよ始まる。Webサイトのリニューアルプランに「ソーシャルメデ...

第2回 ヒートマップでLPO――ヒートマップの登場で“in-page web analytics”時代に突入したLPO
ヒートマップがWebサイト分析の現場に登場したことで、LPOは、“in-page web analytics”...