Linux Tips

デフォルトゲートウェイを変更するには

北浦訓行
2003/2/6

 デフォルトゲートウェイは、外部のネットワーク(通常はインターネット)にアクセスする際に全パケットが通過する出入り口のことだ。ADSLやFTTHなどのブロードバンドインターネット接続では、いわゆるブロードバンドルータがデフォルトゲートウェイになるケースが多いだろう。

 最近では、ADSLの低価格化が進んだため、複数回線を契約している場合もある。特に、インターネットが生命線となるSOHOなどでは、バックアップ用に複数回線を契約しているケースも多い。このようなケースでは、一方の回線(またはISP)に異常が発生した場合、別の回線に切り替える必要がある。物理的にケーブルの抜き差しで対応することもできるが、デフォルトゲートウェイの設定を変更して切り替えることも可能だ。

 デフォルトゲートウェイの切り替え(実際には設定を追加して、元の設定を削除する)は、routeコマンドで行う。ここでは、1つのLANに2つのブロードバンドルータ(192.168.0.1および192.168.0.2)がある場合に、192.168.0.1から192.168.0.2へデフォルトゲートウェイを切り替える方法を紹介する。

# route add default gw 192.168.0.2 ←デフォルトゲートウェイ192.168.0.2を追加
# netstat -r ←デフォルトゲートウェイの確認
カーネルIP経路テーブル
受信先サイト  ゲートウェイ  ネットマスク  フラグ MSS Window irtt インターフェース
192.168.0.0   *             255.255.255.0  U      40 0         0 eth0
127.0.0.0     *             255.0.0.0      U      40 0         0 lo
default       192.168.0.2   0.0.0.0        UG     40 0         0 eth0
default       192.168.0.1   0.0.0.0        UG     40 0         0 eth0

 上記のようにrouteコマンドでデフォルトゲートウェイを追加すると、以前の設定もそのまま残ってしまう(「default」となっている行がデフォルトゲートウェイの設定)。従って、以下のコマンドで古いデフォルトゲートウェイを削除する。

# route del default gw 192.168.0.1 ←古いデフォルトゲートウェイを削除
# netstat -r ←デフォルトゲートウェイの確認
カーネルIP経路テーブル
受信先サイト  ゲートウェイ  ネットマスク  フラグ MSS Window irtt インターフェース
192.168.0.0   *             255.255.255.0  U      40 0         0 eth0
127.0.0.0     *             255.0.0.0      U      40 0         0 lo
default       192.168.0.2   0.0.0.0        UG     40 0         0 eth0

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る
- PR -

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

第7回 どこでも働ける時代にオフィスビルでつながること、学べること――三井不動産が変える日本橋の今と未来
日本橋再生計画という東京を代表する都市開発プロジェクトを主導する三井不動産が、日本...

心の扉を開くBtoBコミュニケーション――紙のDMの意外な力
BtoBにおける購買担当者の“心”の扉を開くにはどうすればよいのか? IT時代と言われる現...

第3回 「見込み客」を「確度の高い見込み客」にするための管理/育成手法
マーケティング部門の役割は、確度の高い見込み客(リード)と、見込み客に関する精度の...