Linux Tips

MozillaやNetscapeでJavaアプレットを使うには(GUI編)

北浦訓行
2003/2/6

 Javaアプレットを使っているWebサイトを利用するには、Javaのプラグインをインストールする必要がある。また、Javaプラグインのインストールには、MozillaやNetscapeからGUIでプラグインのみをインストールする方法と、コマンドラインでJavaをインストールして、プラグインの設定を行う方法(MozillaやNetscapeでJavaアプレットを使うには(CUI編)参照)がある。ここでは、GUIによってJavaのプラグインをインストールする方法を紹介する。

注意:Javaアプレットのインストールは、rootで行う必要がある。一般ユーザーでダウンロードすると、インストール時に失敗するので注意が必要だ(エラーメッセージが「ダウンロードに失敗した」という内容なので、原因を突き止めにくい)。

Red Hat Linux 8.0、Vine Linux 2.6r1の場合

 Red Hat LinuxおよびVine LinuxでJavaプラグインをインストールする方法は、MozillaやNetscapeにプラグインをインストールするにはを参照。

Turbolinux 8 Workstationの場合

 Red Hat LinuxやVine Linuxでは、Netscape社のプラグインサイトで検索してインストールしなければならないが、Turbolinux 8 Workstaionは検索を行う必要はない。

 Turbolinux 8 WorkstaionのMozillaでJavaアプレットを使っているWebサイトにアクセスすると、「プラグインがインストールされていない」というメッセージが表示される。メッセージが表示されない場合は、Javaアプレットが表示される部分のアイコンをクリックすると、メッセージのウィンドウが表示される。

Javaのプラグインがインストールされていないと、このようなアイコン(三角形の罫線で囲まれた枠の中心にあるアイコン)が表示される

このウィンドウはMozillaのウィンドウに隠れてしまうことがある。Mozillaを最小化すると表示される

 ここで[OK]ボタンをクリックすると、ダウンロードサイトが表示されるので、[Java 2 Linux Plug-in]ボタンをクリックする。[ソフトウェアインストール]というダイアログボックスが表示されるので、[インストール]ボタンをクリックする。

 ダウンロードとインストールに成功したら、一度Mozillaを終了して再起動する。これでJavaのプラグインが使える状態になる。

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH