Linux Tips

アンチエイリアスの無効/有効を切り替えるには

北浦訓行
2003/2/27

 Red Hat Linux 8.0のBluecurveやTurbolinux 8 WorkstationのKDEなどは、デフォルトでフォントのアンチエイリアス機能が有効になっている。しかし、場合によってはアンチエイリアス機能を無効にした方がいいときもある。また、アンチエイリアスだと画面が見にくいと感じる場合もあるだろう。そのようなときのために、アンチエイリアス機能の無効/有効を切り替える方法を紹介する。

 Red Hat Linux 8.0の場合は、以下の命令を実行した後にX Window Systemを起動する。すると、アンチエイリアス機能がオフになる。

$ export GDK_USE_XFT=0
$ startx

アンチエイリアスが有効になっているRed Hat Linux 8.0

アンチエイリアスが無効になっているRed Hat Linux 8.0

 Turbolinux 8 Workstationの場合、Kメニューの[設定]−[ルック&フィール]−[フォント]を選択して、表示される[フォント]ウィンドウで[フォントとアイコンをアンチエイリアス表示]オプションをオン/オフすることによって、切り替えることができる。

[フォント]ウィンドウ

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH