Linux Tips

MTU値を確認・変更するには

北浦訓行
2003/3/13

 MTU(Maximum Transmission Unit)値とは、1回の転送で送信可能なIPパケットの最大データサイズのことだ。ADSLをはじめとするブロードバンド接続では、MTUを適切な値に設定しないと効率的な転送ができないため、通信速度が低下してしまう。

 LinuxでMTUが何bytesに設定されているかを確認したり変更するには、ifconfigコマンドを使用する。オプションなしでifconfigコマンドを実行すると、ネットワークインターフェイスの設定が表示される。

# ifconfig
eth0    Link encap:Ethernet  HWaddr xx:xx:xx:xx:xx:xx
        inet addr:192.168.0.1  Bcast:192.168.0.255  Mask:255.255.255.0
        UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  Metric:1 ←MTUは1500bytes
(省略)

 上記のとおり、LinuxではMTUのデフォルト値は1500bytesに設定されている。Ethernetで最も理想的といわれている数値であり、ADSLに接続している場合は変更する必要がある。ADSLなどのMTU値は、キャリアやプロバイダによって異なるので一概にいえないが、フレッツ・ADSLの場合は「1454」が最適値とされている。eth0のMTUを1454に変更するには、以下のオプションを付けてifconfigコマンドを実行する。

# ifconfig eth0 mtu 1454
# ifconfig
eth0      Link encap:Ethernet  HWaddr xx:xx:xx:xx:xx:xx
          inet addr:192.168.0.1  Bcast:192.168.0.255  Mask:255.255.255.0
          UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1455  Metric:1
(省略)

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH