Linux Tips

Red Hat LinuxでAPTを使うには

北浦訓行
2003/5/22

 Red Hat Linux 7.1のパッケージを自動更新するにはRed Hat Networkを活用するにはで説明しているように、Red Hat Linuxはup2dateによって最新のプログラムを自動的にダウンロード・更新することができる。しかし、無料でサービスされているup2date用のサーバは帯域が制限されているため、混んでいるとアクセスすることができない。

 現在では、Debianが採用しているAPT(Advanced Package Tool)というシステム更新機能をRed Hat Linuxでも使用できる。Red Hat LinuxでAPTを使うには、APT for Red HatのWebサイト(http://freshrpms.net/apt/)のダウンロードページ(http://apt.freshrpms.net/)から、適切なRPMファイル(Red Hat Linux 9の場合はapt-0.5.5cnc5-fr2.i386.rpm)をダウンロードする。

 そして、rootでログインしてインストールする。

# rpm -ihv apt-0.5.5cnc5-fr2.i386.rpm
警告: apt-0.5.5cnc5-fr2.i386.rpm: V3 DSA signature: NOKEY, key ID e42d547b
Preparing...          ######################################### [100%]
   1:apt              ######################################### [100%]

 以上で、APTが使えるようになる。最初に、以下のコマンドを実行してパッケージ情報を更新する。

# apt-get update

 依存関係を含めて、OS全体のファイルをアップグレードするには、以下のコマンドを実行する。

# apt-get dist-upgrade

 更新する前に、どのパッケージがアップグレードされるかを確かめるには、以下のコマンドを実行すればいい。

# apt-get -s dist-upgrade

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH