Linux Tips

ファイル新規作成時のパーミッションを変更するには

北浦訓行
2003/7/24

 ファイルを新規に作成すると、644(-rw-r--r--)や664(-rw-rw-r--)といったパーミッションになる。新規作成時のパーミッションをこれ以外の値にしたい(自分以外は読むことさえできなくするなど)場合は、bashの内部コマンドであるumaskで設定を変更する。

 umaskコマンドでは、許可しないビットを指定する。従って、読み書きを行う設定(666)から設定したいパーミッションを引き算すれば、指定する値が求められる。

 例えば、自分以外のアクセスを禁止する場合は、

666−600=066

となるため、以下のように設定すればいいことになる。

$ umask 066
$ touch foo
$ ls -l
合計 4
-rw-------    1 nori   nori          0  7月 14 16:08 foo

 なお、引数なしでumaskコマンドを実行すると、現在のumask値が表示される。

$ umask
0066

 -pオプションを付けると、そのままコマンドで使える形式で結果が出力される。

$ umask -p
umask 0066

 ちなみに、システム全体のumask値は/etc/bashrcで設定している。/etc/bashrcを開いてumask 0xxの「xx」部分を変更すれば、全ユーザーのumask値を変更できる。

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH