Linux Tips

英文のmanページを表示するには

北浦訓行
2003/8/7

 日本のユーザーにとっては、manページは日本語の方が読みやすいし、理解しやすいはずだ。しかし、日本語のmanページのバージョンが古くて、実装されているコマンドとの整合性が取れない場合がある。例えば、Red Hat Linux 9の場合、

$ man rpm

とすると、日本語のmanページが表示されるが、古いバージョンなので、オプションの説明が抜けていたり、存在しないオプションの説明があったりする(-Kオプションや--rebuildオプションなど)。

 このような場合でも、英文のmanページならば最新版の情報が表示されることが多い。英文のmanページを表示するには、環境変数のLANGに「C」という値を設定して、manコマンドを実行すればいい。

$ LANG=C;man rpm

 再び日本語のmanページを表示する場合は、以下のコマンドを実行する。

$ LANG=ja_JP.eucJP;man rpm

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH