Linux Tips

Red Hat Networkの登録をやり直すには

北浦訓行
2003/9/25


 Red Hat Networkを利用すると、制限付きではあるが、Red Hat Linuxを無料で最新の状態に保つことができる。Red Hat Linuxをインストールして初めてup2dateコマンドを実行すると、[Red Hat更新エージェント]ウィザードが表示されるので、ユーザー登録を行う。

[Red Hat更新エージェント]ウィザード

 その際に、誤った内容でユーザー登録をしてしまった場合や、すでに登録しているにもかかわらず再度ユーザー登録をした場合などは、Red Hat Networkの登録をやり直す必要がある()。

注:ユーザー登録を重複して行った場合、そのユーザー登録を維持するために、同じ内容のアンケートに複数回回答する必要が生じる。

 Red Hat Networkの登録をやり直すには、登録内容を保存したファイル(/etc/sysconfig/rhn/systemid)を削除またはリネームして、[Red Hat更新エージェント]ウィザードを再度実行すればいい。具体的な手順は、以下のとおりだ。

$ cd /etc/sysconfig/rhn
$ mv systemid systemid.org
$ up2date --register ←[Red Hat更新エージェント]ウィザードの起動

 これで[Red Hat更新エージェント]ウィザードが表示されるので、再度登録を行えばよい。

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH