Linux Tips

Red Hat Linuxで自動ログインするには

北浦訓行
2003/12/25

 Red Hat Linuxでは、[GDM設定]というプログラムで自動ログインを実現できる(編注)。

編注:当然のことながら、これを行うと誰でもログインできるようになってしまうので、注意が必要である。

 X Window Systemを起動したら、GNOMEのメインメニューから[システム設定]−[ログイン画面]を選択する。rootのパスワードを求めるダイアログボックスが表示されるので、rootのパスワードを入力すると[GDM設定]のウィンドウが表示される。

 [一般]パネル(最初に表示される画面)の[起動してすぐにユーザを自動でログインさせる]をオンにして、[自動ログインユーザ名]で自動ログインの対象ユーザーを選択すると、そのユーザーでシステム起動後すぐにログインが行われる。

Red Hat Linuxの[GDM設定]画面

 また、[指定時間(秒)後にユーザを自動的にログインさせる]をオンにして、[時間待ちログインのユーザ名]で対象ユーザーを選択すると、[ログイン前の待ち時間]で指定した時間だけ、ログインの画面が表示される。その間に別のユーザー名を入力してログインすることができる。指定した時間が経過するまでユーザーによるアクションが起こらない場合、[GDM設定]で指定したユーザーで自動ログインが行われる。

 なお、ここで行った自動ログインの設定はグラフィカルログイン時に有効となる。テキストログインになっている場合は、/etc/inittabを開いて以下の行の「3」を「5」に変更する必要がある。

id:3:initdefault:
     ↓
id:5:initdefault:

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH