Linux Tips

Fedora Core 1でRed Hatネットワーク警戒通知ツールを使うには

北浦訓行
2004/1/29

 Fedora Core 1でX Window Systemを起動すると、デスクトップの右下にRed Hatネットワーク警戒通知ツールのアイコンがある。しかし、そのアイコンにマウスポインタを合わせると、「更新はできません(0 無視されました)」と表示される。

 これは、Red Hatネットワーク警戒通知ツールが参照している設定ファイルが正しくないことが原因だ。Red Hatネットワーク警戒通知ツールの設定ファイルは、/etc/sysconfig/rhn/sourcesだ。rootでログインして、このファイルを以下のように修正する。

yum fedora-core-1 http://fedora.redhat.com/releases/fedora-core-1
                   ↓
yum fedora-core-1 http://download.fedora.redhat.com/pub/fedora/linux/core/1/i386/os
注:実際は1行で記述する。

yum updates-released http://fedora.redhat.com/updates/released/
fedora-core-1
                   ↓
yum updates-released http://download.fedora.redhat.com/pub/fedora/linux/core/
updates/1/i386/
注:実際は1行で記述する。

 次に、/etc/yum.confを以下のように修正する。

baseurl=http://fedora.redhat.com/releases/fedora-core-$releasever
                   ↓
baseurl=http://download.fedora.us/fedora/fedora/1/i386/yum/os/

baseurl=http://fedora.redhat.com/updates/released/
fedora-core-$releasever
                   ↓
baseurl=http://download.fedora.redhat.com/pub/fedora/linux/core/
updates/1/i386/
注:実際は1行で記述する。

 設定が終わったら、[Red Hatネットワーク警戒通知ツール]アイコンを右クリックして、表示されるメニューで[更新をチェックします]を選択すると、更新の有無を調べるようになる。更新可能なファイルがあれば、アイコンが赤い「!」に変わる。

 なお、[Red Hatネットワーク警戒通知ツール]アイコンをクリックしてup2dateを実行すると、「システムはRed Hatネットワークに登録されていないようです」というメッセージが表示される。Fedora Core 1はRed Hat Networkのサポート対象外なので、このメッセージは無視して[キャンセル]ボタンをクリックする。

Fedora Core 1でup2dateを実行したときに表示されるメッセージ

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH