Linux Tips

USBメモリを一般ユーザーがマウントできるようにするには

北浦訓行
2004/2/19

 USBフラッシュメモリ(以下USBメモリ)を使用するに当たって、いちいちrootでマウントを行うのは面倒だ。そこで、一般ユーザーでもUSBメモリをマウント/アンマウントできるように設定する方法を紹介する。

 一般ユーザーでもUSBメモリをマウント/アンマウントできるようにするには、/etc/fstabに以下の設定を追加すればいい()。

注:USBメモリのデバイス名が/dev/sda1、マウントポイントが/mnt/usbfmの場合。

/dev/sda1   /mnt/usbfm  auto    noauto,user 0 0

 日本語のファイル名が化けて表示される場合は、以下のように設定する。

/dev/sda1   /mnt/usbfm  auto    noauto,user,iocharset=euc-jp 0 0
文字コードがEUCの場合(Red Hat Linuxなど)

/dev/sda1   /mnt/usbfm  auto    noauto,user,iocharset=utf8 0 0
文字コードがUTF-8の場合(Fedora Core 1)

 なお、Turbolinux 10 Desktopは、dynaplugというTurbolinux独自のプログラムにより、接続される周辺機器によって/etc/fstabがダイナミックに変化する。USBメモリの場合も自動的に認識されるので、/etc/fstabを修正する必要はない。

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る
- PR -

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

第5回 “事実の見える化”から“行動の測る化”へ
最終回となる今回は、営業活動における目標と実績のバラツキを抑えるために「マネジメン...

第2回 価値の連続性に責任を持つCCO
CRM成功の鍵となるCCO(Chief Customer Officer)。明確な答え、正解がないCRMにおいて何...

第3回 BtoBにおけるマーケティング活動の設計は「誰に」「何を」「どのように」で考える
BtoBマーケティング成功の鍵は、1)ターゲット企業における購買関与部門の責任者とどのよ...