Linux Tips

Xのウィンドウで別のデスクトップを表示するには

北浦訓行
2004/3/4

 Xnestを使えば、X Window Systemのウィンドウで別のX Window Systemのデスクトップを表示することができる。

 最初に、xauthコマンドでXサーバの接続が許可されているかどうかを調べる。

$ xauth list
localhost/unix:0  MIT-MAGIC-COOKIE-1  45abc0815d05abeff7a89e45267f35c8
localhost:0  MIT-MAGIC-COOKIE-1  45abc0815d05abeff7a89e45267f35c8

 上記の例では、ディスプレイ番号0のみが許可されているため、Xnestが使用するディスプレイ番号(例では「1」)を許可する必要がある。具体的には、

xauth add :1 COOKIE

というコマンドを実行する。最後に指定するCOOKIEは、「xauth list」を実行した際に表示される

MIT-MAGIC-COOKIE-1〜

という文字列だ。コピー&ペーストすると間違いがなくて確実だ。

$ xauth add :1 MIT-MAGIC-COOKIE-1  45abc0815d05abeff7a89e45267f35c8
$ xauth list
localhost/unix:0  MIT-MAGIC-COOKIE-1  45abc0815d05abeff7a89e45267f35c8
localhost:0  MIT-MAGIC-COOKIE-1  45abc0815d05abeff7a89e45267f35c8
localhost/unix:1  MIT-MAGIC-COOKIE-1  45abc0815d05abeff7a89e45267f35c8

 準備ができたら、以下のコマンドでXnestを実行する。ウィンドウのサイズを指定する場合は、「-geometry 1024x768」などのオプションを付ける。

$ Xnest :1 &

 Xnestのウィンドウが開くので、ウィンドウマネージャを実行する。KDEの場合は、以下のようにする。

$ DISPLAY=:1 startkde &

Fedora Core 1のGNOME上でXnestを実行し、KDEを起動させた画面

 ウィンドウマネージャを起動するためのコマンドは以下のとおりだ。ただし、ディストリビューションによっては、対応するウィンドウマネージャがインストールされていないことがある。その場合は、使いたいウィンドウマネージャをインストールする必要がある。また、Fedora Core 1ではGNOMEからGNOMEを起動することができなかった(Red Hat Linux 9は起動可)。

 
ウィンドウマネージャ
起動コマンド
  GNOME gnome-session
  KDE startkde
  WindowMaker wmaker
  IceWM icewm

 Xnest上のX Window Systemが文字化けしていたりジャギーが出ていたら、以下のオプションを付けてXnestを起動すると解消する可能性がある。

$ Xnest :1 -fp unix/:7100 &

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH