Linux Tips

ImageMagickでJPEG2000形式の画像ファイルを表示するには

北浦訓行
2004/4/1

 ImageMagickには、JPEG2000形式の画像ファイルをサポートする機能があるが、Fedora Core 1やVine Linuxではその機能がオフになっている()。

注:Turbolinux 10 Desktopはデフォルトの状態で使用可能。

 ImageMagikでJPEG2000形式の画像ファイルを扱うには、ImageMagickを再コンパイルする必要がある。ただ、あらかじめJPEG2000用のライブラリJasPerをインストールしておかなければならない。詳しくは、JPEG2000形式の画像ファイルを表示するにはを参照。

 まず、ImageMagickのWebサイト(http://www.imagemagick.org/)から最新のソースファイルをダウンロードする。原稿執筆時点での最新版は5.5.7 stableだ。このUnix Sourceのファイルをダウンロードして展開する。

$ tar zxf ImageMagick-5.5.7-17.tar.gz
$ cd ImageMagick-5.5.7

 ImageMagickはかなり大規模なソフトウェアなので、コンパイルにはある程度の時間が必要だ。

$ CPPFLAGS="-I/usr/local/include/jasper/"
$ LDFLAGS="-L/usr/local/lib"
$ ./configure
$ make
$ su
Password: ←rootのパスワードを入力
# make install

 以上でコンパイルとインストールは終了だ。デフォルトでは、新しいImageMagickのプログラムは/usr/local/binディレクトリにインストールされる。

 以上の作業で、ImageMagickでJPEG2000形式の画像が扱えるようになる。例えば、X Window Systemのターミナルエミュレータからdisplayコマンドを実行することで、JPEG2000形式の画像が表示できるようになる。

$ display -geometry 800x600 photo.jp2 ←800×600ピクセルのウィンドウで表示

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH