Linux Tips

DVビデオをキャプチャするには(Vine Linux編)

北浦訓行
2004/4/8

 デジタルビデオカメラ(DVカメラ)で撮影した映像(DVビデオ)は、IEEE1394インターフェイスでPCに取り込める。Vine Linuxは、PCにIEEE1394インターフェイスがあれば、デフォルトで使えるようになるはずだ。DVカメラを接続して電源を投入し、lsmodコマンドを実行してみる。

$ /sbin/lsmod
Module                  Size  Used by    Not tainted
dv1394                 17296   0 (unused)
raw1394                19604   0 (unused)
ohci1394               25896   0 [dv1394]
ieee1394              198148   0 [dv1394 raw1394 ohci1394]

 上記のようなモジュールが読み込まれていない場合は、rootでログインして以下のコマンドを実行する。

# modprobe ohci1394
# modprobe ieee1394
# modprobe raw1394

 念のため、IEEE1394の接続をチェックしてみる。testlibrawというプログラムを実行すると、IEEE1394インターフェイスが認識されているかどうかが分かる。testlibrawはlibraw1394というパッケージに含まれているので、「IEEE 1394 for Linux」のWebサイト(http://linux1394.sourceforge.net/download.html)からRPMファイルとtarボールをダウンロードしてインストールする。

# rpm -ihv libraw1394-0.9.0-1.i386.rpm libraw1394-devel-0.9.0-1.i386.rpm

 そして、/dev/raw1394を作成する。/dev/raw1394は、後述するdvgrabコマンドなどが使用するデバイス名なので、必ず作成しなければならない。そのために、libraw1394のtarボールを使用する。

$ tar zxf libraw1394_0.9.0.tar.gz
$ cd libraw1394-0.9.0
$ ./configure
$ make
$ su
Password:
# make dev ←/dev/raw1394を作成

 作成直後は、rootしか/dev/raw1394の読み書きができない。そのため、chmodコマンドでroot以外のユーザーでもDVビデオのキャプチャを可能にする必要がある。

# chmod 666 /dev/raw1394

 以上の作業により、testlibrawコマンドが実行できるようになる。

# testlibraw
successfully got handle
current generation number: 1
1 card(s) found
  nodes on bus:  2, card name: ohci1394
using first card found: 2 nodes on bus, local ID is 1, IRM is 1
(省略)

 続いて、dvgrabのインストールを行う。dvgrabは、「Linux DV」のWebサイト(http://kino.schirmacher.de/)からダウンロードできる。最新版はバージョン1.5だ。ただし、dvgrab 1.5をインストールするには、libavc1394およびlibdvというパッケージが必要となる。

 まずは、libavc1304のWebサイト(http://sourceforge.net/projects/libavc1394/)からtarボール(libavc1394-0.4.1.tar.gz)をダウンロードしてインストールする。

$ tar zxf libavc1394-0.4.1.tar.gz
$ cd libavc1394-0.4.1
$ ./configure
$ make
$ su
Password:
# make install

 続いて、libdvをインストールする。libdvのインストールには、pkg-configというスクリプトが必要なので、それをインストールしなければならない。pkg-configは、Vine PlusにRPMファイルが用意されているので、それをダウンロードしてインストールする。

# rpm -ihv pkgconfig-0.15.0-0vl0.i386.rpm

 次に、libdvのWebサイト(http://sourceforge.net/projects/libdv/)からlibdv-0.102.tar.gzをダウンロードしてインストールする。

$ tar zxf libdv-0.102.tar.gz
$ cd libdv-0.102
$ ./configure
$ make
$ su
Password:
# make install

 以上で、dvgrabをインストールする環境が整う。

$ tar zxf dvgrab-1.5.tar.gz
$ cd dvgrab-1.5
$ ./configure
$ make
$ su
Password:
# make install

 最後に、一連のライブラリをシステムに認識させる(共有ライブラリをシステムに認識させるには参照)。rootでログインして、/etc/ld.so.conf

/usr/local/lib

という行を追加する。

 /etc/ld.so.confの編集が終わったら、ldconfigコマンドを実行する。

# ldconfig

 以上でインストール作業は終了だ。DVビデオのキャプチャは、以下のように行う。この場合、/tmpディレクトリにDV001.aviというファイルが作成される。DV001.aviが1GBに達すると、続きは自動的にDV002.aviに保存され、以降ファイル名の番号が1ずつ増えていく。

$ dvgrab --version
dvgrab 1.5
$ dvgrab /tmp/DV

 dvgrabコマンドのオプションは、--helpオプションで表示できる。

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH