Linux Tips

yumで自動更新しないパッケージを指定するには

北浦訓行
2004/6/3

 Fedora Core 1を自動更新するには(yum編)で紹介したように、Fedora Coreなどでyumコマンドを実行すると、Fedora Project側で更新されたパッケージはすべて自動的にダウンロード/更新してしまう。すべてをFedora Projectに任せるのであればそれでも構わないのだが、ソースからインストールしているプログラムなどがある場合、同じプログラムがパッケージで更新されると都合が悪いこともある。そのようなときは、/etc/yum.confで更新対象外にするパッケージを指定する。

 具体的には、/etc/yum.confの[main]セクションに、

exclude=

という行を追加し、パッケージを指定する。パッケージの指定では、「*」や「?」「.」などのワイルドカードを指定できる。例えば、「kernel-smp〜」というパッケージを更新対象外にする場合は、

[main]
(省略)
exclude=kernel-smp*

とする。

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH