Linux Tips

yumで複数の設定ファイルを使い分けるには

北浦訓行
2004/7/8

 Fedora Coreの自動更新を高速化するにはで紹介したとおり、国内のミラーサーバを利用するように/etc/yum.confを変更すれば、ダウンロードを高速化できる。だが、ISPや各ミラーサーバの混み具合などによって、接続の可否や速度のばらつきが生じる。そのような問題が起きた場合は、別のミラーサーバへの接続を試してみるといいだろう。

 yumコマンドは、初期設定では/etc/yum.confが参照されるが、-cオプションで設定ファイルを変更できる。例えば、riken.co.jpを指定したyum.riken.confとkddlabs.co.jpを指定したyum.kdd.confを/etcに作成しておく。そして、riken.go.jpを利用する場合は、

# yum -c /etc/yum.riken.conf update

のように設定ファイルを指定する。同じく、kddlabs.co.jpを利用する場合は、

# yum -c /etc/yum.kdd.conf update

とすればいい。

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH