Linux Tips

KNOPPIXをコンソールモードで起動するには

北浦訓行
2004/11/2

 ハードディスクを1台搭載したPCで、そのハードディスクの内容を完全に消去したり、パーティションを丸ごとバックアップする際は、起動用のディスク(フロッピーディスクやCD-ROMなど)を用意する必要がある。そのようなときに便利なのがKNOPPIX(http://unit.aist.go.jp/it/knoppix/)だ。

 KNOPPIXに問題があるとすれば、デフォルトでX Window Systemが立ち上がり、デスクトップマネージャとしてKDEが起動することだ。両者とも、ハードディスクから起動するときはそれほど待たされないが、CD-ROMからの起動はかなり待たされる。コマンドラインから実行するプログラムを使うときは、不要なX Window Systemの起動をパスしたい。

 KNOPPIXをコンソールモードで起動するには、KNOPPIXのCD-ROMでPCをブートして、画面に「boot:」と表示されたら、

knoppix 2 noswap lang=ja

と入力して[Enter]キーを押す()。すると、コンソールモードでKNOPPIXが起動する。

注:この時点ではキーボード配列が英語になっているため、「=」を入力するには[^]を押す)。

コンソールモードで起動したKNOPPIX

 なお、デフォルトではDMAはオンになっているが、ハードディスクに対するアクセスが遅く感じるときは、hdparmコマンドで確認してみる。

# hdparm /dev/hda
(省略)
 using_dma    =  0 (off)  ←DMAがオフになっている
(省略)

 上記のようにDMAがオフになっているときは、KNOPPIX起動時のパラメータに「dma」を追加する。

knoppix dma 2 noswap lang=ja

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH